2018年2月1日木曜日

囚われの詩人

辛くなるだけだと分かってても僕は答えに縋って書き連ねてしまう
止めどなく溢れる想いを塞き止めて希望を捨て去ることが出来るほど
強ければこんなに悩むこともなければこの指輪を渡し永久と微笑んだのでしょう
覚悟に補助具を嵌めた僕の醜さはとうに分かっていたはずなのに

今やゴミ同然のそれにすら意味を求めて

紡いだ言葉のマフラーをどうも君は暖かく感じなかったようで
ほつれた糸が引っ掛かった街路樹の枝を見ては背伸びして
赤く染まったそれを指に結んで引っ張っては空を切るこれを現実と呼び
受け止められる日まで、除ききれる日までこんな下らないことを続けるのでしょう

集めた糸屑で新しい言葉を紡ぐのでしょう



ゴミが増えるだけだと分かってても僕は、捨てる悲しみが積み上がると分かっても僕は、
簡単には片付けたくないと追い込んでは救いを請うて絶望して
募りゆく想いから目を背けるように自分を騙すことは出来ないのだから
とはいえ「君の為」と僕の行動を名付けることも出来ないのだから

もはや伝えることもないメッセージを綴ってゆく

すべてが盗み出された空っぽの部屋はすぐに丸めた紙で満たされて
引き金となった言葉たちを顧みては瞳から溢れた唾に呆れて
飲み込んでは荒れた胃痛に悶え、それでもまだ筆を握っているのは
受け止められずに、うまく事態を飲み込めずに、ただ漫然と日々を過ごしているからでしょう

いつでも何度も言葉を塗り替えるのでしょう

2018年1月20日土曜日

墓場というメッセージ

墓場というメッセージ
いずれは終わるのだというメッセージ
ならば今は何をしよう?
今するべきことはなんだろう?

答えはとっくに見えているさ
でもただ、それだけ
ただ、それだけ

翛翛とした鳥はようやく晴れた空を
ただ、見つめるだけ
このまま終わりが来るんだろうか?
このままならない姿のままで
ならばこの足で墓場へと歩いていこうか...?


墓場というメッセージ
命の鎖という名のメッセージ
積み重なった"奇跡"が
黄泉路に菱を巻く

痛みに喘いで生を感じる
でもただ、それだけ
ただ、それだけ

闇闇とした空は遂にバケツを返して
ただ、冷えゆくだけ
このまま終わりが来るんだろうな
でも終わらせるなんてできないや
ただ、生きるだけ
ただ、死なないだけ




墓場というメッセージ
失せるのは突然だというメッセージ
それらならやれるだけをやるのが
翛然たる鳥を羨む者としてのアンサー

2018年1月19日金曜日

一時ばかりの

137億年の宇宙から見れば一時ばかりの命だって
そんなもの全く想像もつかないし
現実と向き合うのには長すぎるんだ

終えてしまえばリトライの利かない一時ばかりの命だって
終えてしまえば"今"を脱け出せるんだろう?
それならば痛くも痒くもないや


なんて抱く希望の根拠はどこにあるんだい?
理想の"その先"は死に怯えた人々が
少しでも気を紛らわせようと
作り出した架空のストーリーさ


それより
まだ可能性の残された此処で
一時ばかりの辛抱を
きっといつかはあの日に諦めなくてよかったと
思えるはずだ  僕が保証してあげる




137億年の宇宙から見れば一時ばかりさ人生なんて
怠惰に費やしたその時間があれば
君はもう少し幸せになれたのに

悔いても悔いても仕方がない 一時ばかりさ人生は
無駄のないように 悔いを残さぬように
生きなければ。と強く念じて


されどまだ覆せない訳ではないだろう
この世は可能性に満ち満ちてる
全ては気づかぬ間に、いつの間にか
無駄にしてしまっているだけなのだろう


ならば
長くて短いような人生で
"一時ばかり"のその意味を
噛み締めながら 大切に使いながら
歩んでいこうか さあ日が昇ってきた

2018年1月3日水曜日

わかれのうた

好きにしたいけど好きでいたかったんだ
僕の分際で 馬鹿だよなあ
救われたから救いたかったんだ
僕の分際で そりゃ呆れるよね

足りなかった言葉 担えなかった一翼
悔いたところで今更だよなあ
心を開くことに慣れて騙すことを忘れてしまった
そんな僕に忘れられるはずも捨てられるはずもなくて

だから
傲慢な僕を省みる言葉たちがちゃんと説得力を持つ日まで
その日までメッセージを紡いでいよう
僕がこの先どうしたいのかちゃんと言葉に出来る日まで
もう別人と断言出来るその日まで
またね


「好き」から放たれ好きに生きれてるかい?
気になっちゃうんだ 懲りないなあ
許されないのに想っちゃうんだ
ちっぽけな嫉妬心 嗤ってくれ

忘れられちゃいそうで どうも羨ましくて
って泣いたところで仕方ないよなあ
そう、泣きつくことに慣れて我慢とやらを忘れてしまった
そんな僕に変われるはずも傍に居られるはずもなくて

だから
傲慢な僕がすべてをありのままにさらけ出して崩れた日まで
あの日まで君に囚われていたけど
僕がこの先ちゃんと生きていくと決意することになった日まで
僕がこの歌を歌ったこの日まで
だった


さようなら








ごめんもありがとうも言えないままなのは少し良心が痛むけれど








そんな良心ですら無駄だもんね

























って詞を僕は綴ってしまったんだ
いい加減、いい加減に分かれ。

2017年12月29日金曜日

blank

頭を冷やせたよ 僕は身勝手だった
今更何を言っているんだろうね
謝りたい気持ちは募り募ってゆくけれど
求められてもいなければ戻りたい訳でもないだろう

「ごめんね」だなんて言い尽くした言葉
「変わるから」だなんて信用のない言葉
「愛してる」だなんて無責任な言葉
繰り返すのはもう嫌なんだ

でもしがみつく僕がいて
気付けた「違う僕」がいて
だから前のようにはいかずとも
ただ君と繋がっていたくて
ただ君を見守っていたくて
だからどうかこの歌を「blank」と名付けさせて欲しい


僕がすべきこと 僕に許されること
何一つ分かってなどいなかった
正直今も分かれている自信はないけど
求めるからにはそれくらい弁えるつもりさ

「もう二度と」だなんて裏切りそうな言葉
「もう一度」だなんて馬鹿みたいな言葉
もう何度もの迷いを経たんだ
君に言う重さを分かってくれないか

でもこんなの僕の我儘で
そんなの世の理で
だからそれでもいいと認めてくれる?
ただそれだけをお願いしたくて
ただそれだけに苛まれて
だからどうかこの歌を「blank」と名付けさせて欲しい



でも、嫌なら、まあいいよ。

沖ノ鳥島(改)

1500mの海底から珊瑚が顔を出した
然れども待ち構えていたのは激しい雨風だった
絶海の孤島は独りその苦を抱え込んで
磨り減らした心をなんとか保ったんだ


最大限の謝意を
最大限の祈りを
どうせ僕には何も出来やしない

でも

最大限の愛を
最大限の焼きもちを
たとえ君なのは君だけだとしても




1500mの海底から珊瑚が顔を出した
然れども認められるどころか心ない言葉が浴びせられた
[カイホウヘノカイホウ](皆方への海報/快方への介抱/解放への解法/快方への解放)を 縋りつく鎖の切断を
溢れかえった錨を珊瑚礁の裏に沈めて


最低限のお礼、と
最低限の今日を
守りたい気持ちは欠片となって

砕けた

幸い君は微笑むも。
再開出来ぬ「昨日まで」の
君を傷つけてしまっていたんだろう



その美しい珊瑚礁が姿現す干潮は
ツキに引きずられ未だ訪れぬよう
でも水を被っているからこそ珊瑚礁は珊瑚礁たり得るのだろう
そこでもう十分だから
止めはしない、でもこれ以上を望んで今を失うくらいなら



「最低限」の維持も
最大級の労だ
そう励ますことしか出来ないんだ

でもそもそも

「最低限」と君を
最初から決めつけた僕はきっと君の力にはなれなかったのだろう



どうか君の「理想」に出会えますように

そしてちゃんと結ばれますように

2017年12月28日木曜日

空と花弁

少しの残響とペトリコール
貴方は今も何処かで白い息を吐いて
湿気た部屋の窓はまだ
水浸しの床を私はまた

とっくに根腐れした花を見て
「水やりのつもりだった」なんて釈明して
どうにもならない それでもやめられないのは
どうしようもないから


「ねえ、ごめん。」


なけなしの思いを全部吐き出した後に出てきたこの感情は偽物なのかな?
「嫌だよ」「ああ嫌だ」って苛まれているのも演技なのかなって私は


拭った


少しの温もりとビターテイスト
私はあの日此処で蒲団を被って
覆った埃の粒は舞った
練りきれぬ言葉は未だ

とっくに腐ったユリ根を頬に
含み笑いは瞳を渇かしていって
進んでいく それでも踏み出すことができず
何度でも思ってしまうのさ


「助けてよ。」


宛無しの思いにだいぶ涙した後に出てきたこの感情は認めたくないな
「忘れなきゃ」「片さなきゃ」って、偽物で演技だとしても仕方ないのかなって私は



乾いた




空は私をたくさん抱え雨雲を生んだ
逆さの花弁を開こう その下には私と幸せ
貴方なんかびしょ濡れになって風邪でも引いてしまえば
そうしてしまえば、私は