2016年10月20日木曜日

White night

この街に着いて僕は驚いた
北緯35度 ここは極地...じゃないのに白夜
あり得んほどの光に埋めつくされて
でもそれは確実に影を作ってる
にも関わらずそっと目瞑って
握ってた懐中電灯で照らして「え、なんの話?」
そうやってそうやってやってきたんだろ
なあ、エンドレスの演出家たちよ
まだ気付いてない? そりゃ重症だ
夜の闇は濃ゆい濃ゆいへ

夜を照らすのに必死になって
星が見えない夜が当たり前になって
寝覚めの悪い朝が日常になって
それが努力を測る物差しになって
そうして今日も誰かが刃を握って
そうして今日も誰かが身を投げて
世論はただただ同情だけして
したとしても偽善を並べ立てるくらいで


誰が望んだの?こんな世界を
法の網をくぐり抜けまでして
「これが生き甲斐」ってまた嘘吐いて
まるで光の依存症になったかのよう
目を瞑って懐中電灯当てりゃ影さえも光に塗りつぶされるの
見えない影からの叫びは
雑踏に掻き消され聞こえない

夜を照らすのに必死になって
当たり前のはずの空に憧れて
当たり前のはずの生活を羨んで
それが努力の結晶だと錯覚して
そうして今日も誰かが刃を握って
そうして今日も誰かが身を投げて
世論はただただ「可哀想に」と告げて
とても迷惑そうな面持ちをして


「質より量」「質より量」と言われ続けて染み付いた感覚
「おかしいよね」に同意するどまりなんだ
「世界と比べて」の接頭語 もう何度耳にしたんだろうか
もはや盲目ともいえよう...


夜を照らすのに必死になって
星が見えない夜が当たり前になって
寝覚めの悪い朝が日常になって
それが努力を測る物差しになって
そうして今日も誰かが刃を握って
そうして今日も誰かが身を投げて
世論はただただ「可哀想に」と告げて
とても迷惑そうな面持ちをして

2016年10月15日土曜日

十一月一日

ふと目が覚めると昨日までまとってた仮装がとれていた
「いい子ちゃん」という名の仮装が
もちろんそれは成長なんだろうけど
これまで当然のようにしてやってきたもろもろはすべて
自分の意志からではなくて
親に着せられた仮装のせいだったんだ

選べるという苦しみを
夢がないという悲しみを
突きつけられて僕は歩みを
完全に止めてしまったんだ
でも進まなきゃって分かってたから
意志もなく歩き出したんだ
寄り道ばかりのこの頃に
心底嫌気が差す あの日から


ふと思い出すあの頃の自分
どれだけ理想像だったろうか
ずっと貯めといた菓子たちに
必死に貪りついてます

Trick or treatに甘えたね
「何をせずとも得られる」と思ったね
そんなの今ならバカみたいね
でも自分ひとりじゃ何も出来ないんだ

自由という不自由を
解放という束縛を
感じた僕から溢れ出る
欲は負の物ばかりだった
ブレーキにあたるものもなく
時間を浪費する毎日だ
意志を持たなきゃ んなもん分かってる
でも無いものは無いの 始めっから

じゃあ僕はどこ目指し生きてきゃいいの?

簑虫

ある日たまたま見かけたんだ
塀にぶらさがるミノムシを
子供の頃中身出して悪戯したりもしたっけなあ
今思うとあの頃は自由だったような気がするな
何が僕を変えてしまったんだろう

どんどんどんどん簑を纏って
どんどんどんどん本音隠して
どんどんどんどん心閉ざして
僕らは大人になっていくんだ

どんどんどんどん簑を纏って
どんどんどんどん暗闇へ
どんどんどんどん夢を諦め
僕らは大人になっていくんだ


全部成長するためなのと
自分に言い聞かせたあの日
誰か悪戯でもいいから中身出しておくれよ
あの頃の自由な自分に戻りたいんだ
何で僕はこうなってしまったんだろう

どんどんどんどん簑を纏って
どんどんどんどん瞼閉ざして
どんどんどんどん見えないふりで
僕らは大人になっていくんだ

どんどんどんどん簑を纏って
どんどんどんどん暗闇へ
どんどんどんどん夢を諦め
僕らは大人になっていくんだ

団栗

道端に転がってた団栗を
拾い上げてみたあの日から
何度微笑みかけたっけな
何度交わりあったかな

不思議なほど僕の目を惹いたそれは幸せをもたらした
はずだったんだ それなのに
どうして僕は今目をハンカチで押さえてるんだろう

中から虫が出てきた ただそれだけなのに
非常すぎて異常になっちゃったの

一瞬で豹変した後の君は僕には到底受け入れられなくて
今までずっと騙されていたようで
君を遠くへ放り投げたけど
今思う
僕は君が好きだったんだ


でもあくまで潜んでるんだもんね
それまでは流石に愛せないかな、
何度この結論出したっけな
何度また考え出したかな

なんで中身は食い荒らされちゃったんだろう
そうでもなきゃいつまでも愛せたのに
あの子をこうさせた環境を恨もう そうしよう そうでもなきゃ

日常は崩れ去ったんだと分かって
僕は崩れ落ちて泣いたの

一瞬で豹変した後の君は僕には到底受け入れられなくて
今までずっと騙されていたようで
君を遠くへ放り投げたけど
今思う
僕は君が好きだったんだ

2016年10月13日木曜日

コミュ障というより、恋障

なんだあれはと目を見張った
美貌に囲まれ僕は狂った
あの口に嫌われたら嫌だなが先行するんだ
あの瞳を見つめ続けたらもう死んじゃいそうだ

え あ う あ
弱々しい口調で
たどたどしい口調で
が精一杯だ

そんなこんなでひとつの結論に達した
彼女らは可愛いけど僕は近寄れないんだと

話したくないんじゃないの
誤解しないでよ
話したくてたまらないけど話しかけられないの
でも心のどっかで避けてる
汚れを見たくないと目伏せてる
けどそれを受け入れるのがはじめの一歩なんだろうな


「嘘…。」耳を疑った
陰口が僕の胸深くに突き刺さった
自分なりには思いやってるつもりだったのに
あの美貌の裏には棘が ああやだ

ふ は は は
何となく笑って
ごまかしてってまで嫌がられてるの?

そんなこんなで僕はひとつの結論に達した
彼女らに近寄りでもしたら棘を刺されると

でも遠ざけたいんじゃないの
誤解しないでよ
実際近寄りたいけど棘が怖いだけなの
でもそれって結局避けてる
綺麗なとこだけ見ようとしてる
けど全部を認めることができて初めて笑えんだろうな


もうやめにしないか? 女子みんなと付き合えたらなと思うこと
もう諦めないか?付き合うの
その方がずっと楽しいよ


恋したくない訳じゃないの
誤解しないでよ
したくてしたくてたまらないけど我慢してるの
でも結局それが「恋」へ行く唯一くらいのルートなのかも
「友達」というスタートラインにまずは立たなきゃいけないね

2016年10月12日水曜日

ラブレター

いつだって考えてる
フラれるリスクと付き合える幸せ
一体どっちをとるのが正解なんだろう?
高みは目指さぬ質だからずっと友達でいたいけど
成功できる気がして ならそれがいいよなって

紙を広げ君の名を
でも書き出しから思い付かず
とりあえず書いてはみるもしっくりこなくて

好きというこの気持ちを紐解いて言葉にしてって
そんな高度な技術は僕は持ち合わせてはいません
でも伝えるんだ この思いを全部
稚拙でも笑って許してよね
微笑む君の横顔を思い浮かべながらただ願って


どうやっても考えちゃう
フラれるリスクと付き合える幸せ
急に不安になってきて並ぶのはネガティブな言葉達(words)
こんなんじゃダメなんだろなとずっと思いはするんだけど
これ以上真っ直ぐな言葉は思いつかないの

また紙を広げ君の名を
でもいい加減キリつけなきゃなのかな
封までしてはみるけどしっくりこなくて

変わりゆく好きを不変の言葉にしてって
そんな高度な技術は僕は持ち合わせてはいません
でも伝えるんだ この想いを全部
稚拙でも笑って許してよね
微笑む君の横顔を思い浮かべながらただ願って