2017年11月19日日曜日

斜塔

設計ミスで傾いた塔は積み上がっていく
覆う雲のその先へ顔を出したいんだと
次第に空気は薄くなり辺りも暗くなっていく
この強い風に果たして堪えられようか

見えないままの展望を受け入れることは羨望で
抱え込んで歪み、割れ、
「倒壊も時間の問題か」


群れをなした報道記者が目下取り囲んでいる
張られた規制線すら越えんとせんばかりに
コメンテーターの論評が世論の着火材となる
聞かれもしない むしろ言いたくもない

癒えないままのこの傷も言えないままの内実も
宇宙に放ってやろう その時まで
どっちが先なんだろうね そんなのは誰も知りやしない
けれども信じてる 疑っても仕方ないから


報われぬほどこの世界は冷たくないと言い聞かせたよ
ただ独りこの星を廻り続けるあの月のように

そっと微笑んだその顔は私のヒーローそっくりだった
あの日の夢にも「過誤」というバイアスが架かった

それは七色に輝いた
人々は「虹」と呼んだんだ
その笑顔が悔しくて
涙は洪水をもたらした


方舟に乗せた貴方と私とだけの世界を
そうすればもう何も恐れなくていいでしょ?
こんな物語を綴り瞳は少し潤んできた
さようなら
それすらも告げられぬことになるとはね


設計ミスで傾いた塔は崩れ去っていく
でも瓦礫でさえ遺産なのだろう

2017年11月5日日曜日

心拍数



走ると息苦しくなる季節
この胸の高鳴りも走ったせいだろう
吐息に交じった僕の想いも
白く染まって見透かされてしまった

逃げて逃げて逃げてきた
そんな僕の足を止めたのは君だったんだ
駆けを引いて願っていた
それも綺麗に交わされてしまった

一生の心拍数が有限なら
僕はこのままずっとここで君を見ていたい
惚れるだけ惚れて高鳴るだけ心臓を高鳴らせて
死にたい もう生きてる意味などないし

ネイリスト志望の彼女に言われた


「君の爪は他の誰よりも綺麗だね」って


「君の方が綺麗じゃん」と返した僕に彼女は言ったっけ


「私の爪はボロボロだから、ネイルで綺麗に誤魔化してるだけだよ」って















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











「ああしなさい」「こうしなさい」で囲い込まれてさ

一体全体僕の意志は何処へやら

ああもう父さんも母さんもこの世界も大嫌いだって

叫んで自分の部屋に引き籠った



全部全部自分が悪いと分かっていた

だからこその戒めの自傷



生きる資格の有無を問うては

醜い自己への懺悔を重ねるたびに

滲みだした赤い血でテスト直しをするように

引っ掻き回した 尖らせたこの爪で












狂気じみたネットサーフィンで時を食い散らかす

本日の検索ワードは「自傷」の二文字

ふと「幼児期における自傷」のページを開いた




"噛み癖でボロボロになった爪は親の愛情不足が原因だ"





すっと脳裏をよぎった彼女の言葉が

喉元いっぱいに詰め込まれた





吐き出るように溢れ出してきた

「ありがとう ちゃんと愛情込めて育ててくれてたんだね

思えばあの日も、あの日も、あの日も...」





滲みだした青い涙が、爪の上にポツリと落ちて月を写した

そして指先を転がり落ちて、傷跡に染みて、


痛かった。



出来るならば、このままずっとここに居たかったんだ。

Rain of information

その一粒の雨滴はどれだけの石を穿つのだろう
穿っていった世界観
無事なはずの意思は埋もれたか?


あつめて早し"情報"川
濁った水は茶に注げ
"知ったか" 固めた堤防が

今決壊してゆく



鳴り響く災害アラート
1人踊る「避難指示」の文字
取り囲まれて孤立した僕



洪水に喘いだ街で氾濫は激しさを増す
錯綜する事実とデマは織り交ざって広がってく
陶酔に溺れた人よ 混乱は激しさを増す
飲み込まれてしまう前に君は...


「僕は...」

ストーリー


今更になって必死で考えたストーリー
は誰にも語られず消えゆくのです





密閉された世界で藻掻くも変わることのできぬ浮沈子
そんな僕ははっきり言って世間から見たら異端児
だからと言って独りで生きていくのは嫌だし
自分を眺める自分がつけた自分へのダメ出し


分かりきっていることだらけ
でもどうにも出来ないのは何故でしょう?


ただ見つめただけで成功と勘違ったメンタリティー
啜って大人気分になったアイスティー
は飲み尽くされて消えていたのです





2017年10月21日土曜日

Words

ああ、言葉にしてしまった

ああ、言葉にしてしまった

支配されていく神経が悲鳴をあげる



なあ、やり場のない思いよ

なあ、脆く醜い僕よ

裁きは下らずにいてくれるというのに



Words chained me

World changed as worst I'd experienced

Worth faintly floated,but now,it's going to vanish...



けたたましい警笛で目を醒ます

秒針の音だけが響いている

急に泣いてみたところで

消えてゆく





残るのは言葉だけ










ああ、"夢"にしてしまった

そう、"目標"ではなく

定められていく「限界」に付き従う



なあ、感じた違和たちよ

なあ、砕けた意志たちよ

時々破片が深く突き刺さって



Kerb has lained in the rain

Virtue has tained so dirty

Mirth is vain to achieve it

Dirge has spread in the ward



すっと差し込んだ言葉で目が醒める

心臓の音だけが響いている

急に泣いてみたところで

消えてゆく








残るのは言葉だけ

あとがき


いくら連ねど届かない

こんなの後付けに過ぎない

それでも溢れてやまない

それ故文字にぶつけるしかない




うまくいえないこの気持ちに名前がついていて欲しかった

僕はいつだってないものねだり

ねだるだけで寝転がる

吐く息吐く息がため息




筆まめが出来たら僕は思うのだろう

「これだけ僕は好きだったのに」って




書き直されていく恋文はどんどんと枚数を増す

ああ 君の反応が見てみたい

捨てきれないよ 捨てきれないんだ

押し付けないで 伝わってくれよ

なあ










連ねる度に辛くなる

こんなもの徒労に過ぎない

それでも溢れてやまない

行き場を失って...



叫べる広大な無の空間へ





声が嗄れたら僕は思うのだろう

「冬の名前の君が突きつけた現実は冷たすぎる」って





書き直されていく感情はどんどんと事実を見失う

もう僕の言う"君"は君じゃない

まだ好きでいたいよ 好きでいたいんだ

押し付けないで 許されてくれよ

なあ

防災訓練


"もしも明日大災害が学校を襲ったなら"

君の居場所をいつも確認するようになったよ

いざとなればこの身など捨て君を救いに行く覚悟だから

そんなこととても口にはできないけど



君に救われてばかりの僕だから

君を救える日の到来を待ち望む

不謹慎だと弁えながらも

こんな台詞を吐いてみたい



「いつもありがとう 僕なりのお返しだよ

君は生きてよ 僕なんてどうでも良いでしょ?

昔も今もこれからも好きな気持ちは変わらないよ

僕は世界を救える君を救いたかったんだ」







"でももしも僕の行動が裏目に出てしまったなら"

ドジっ子な僕のことだから想像は容易で

"いざとなったら"はいざという時本当に実践出来るのか?

そんな弱さが頭を渦巻いて



ああ これだから 僕は僕が嫌いだ



いつもから「ありがとう」 伝えておかないと

思い通りにはいかないのが災害時ってものだろう

でも「好き」ばっかりはそうもいかないのが現状だね

どうしたら僕は君を救えるんだろう?






ここまで大妄想を繰り広げ僕は気付く

すべては君が危うくなることが前提だと

暗に"君は僕よりか弱い"と決めつけていたんだ

そんな自分にもう一つため息

僕∈世界、君∈世界

僕の世界地図の最南端,最北端,最東端は君だった

僕の世界の半分以上を君は占めていたんだ

ひとりひとりに見えている世界は違うだなんて常識も

見落としてしまっていた まさしく「恋は盲目」だ




僕にとっての君が、かけがえがない様に

君にとっての僕もそうだと思い込んでいた


痛い目を見た




ヨーロッパの存在を知った日 地図が塗り替えられた日

それでも僕は必死に君を大きく描いたんだ

だがその反動で自分を小さく描いてしまった

と思っていたがあれは君の世界地図での大きさと同じだった








僕の世界地図の最南端,最北端,最東端は海になった

その先に何があるのか君も知らぬようだ

手立てもないのに望んだところで叶わないだなんて常識も

見落としてしまっていた まさしく「恋は盲目」だ



僕が君とその"先"へと行きたいと願うように

君も僕とそう願っていると思い込んでいた


「酷い夢を見た」



"一起 去 新世界 口巴!" 覚えたての言葉で君を誘った日

「ごめんなさい」で全てが挫かれた日

あれ以降もう怖くなって、夢を見るのは

やめにして狭くて古い世界地図を使い続けることにしたんだ

生半可なままに

「じゃあ再来週までに志望校を記入して持ってきて下さい」

分岐点のすぐそこまで来てしまったようだ

でもまだ当の僕の心構えなど出来ていなくって

生半可な決心で記入した"東京大学"



「1日これだけの勉強量」「この範囲を重点的に」

話ばかりが一人歩きしていく

それについて行くのに必死で

落ち着いて考える余裕もなくて

「入塾金20万」

その会計も済んでた



後戻り出来ないままに

「自分で決めたんだから」と責め立てられる日々

ああ そのはずなのになんかそんな気がしなくて

これは本当に僕の望み通りだったのかな...?




「君達はセンター試験最後の代なんだから」って

だからって何だ どうせ成るように成るって思っちゃって

こんな中途半端じゃ本気の人に失礼じゃないかって

もういっそ飛んで「しょうがなかった」って事にしようか迷って



「君は本当にこれでいいの?」「このままでいいと思ってるの?」

誘導尋問には抗えぬ日々

それを守ることすらままならず

落ち着いて考える余裕もなくて

「これまで計150万」

等価には思えなかった



後戻り出来ないままに

「自分で決めたんだから」と責め立てられる日々

ああ そのはずなのになんかそんな気がしなくて

これは本当に僕の望み通りだったのかな...?

15夜 〜15歳として〜


「雨が降ったのは僕の所為」

もう晴れたはずの空は既に暗かった

その足は赤信号の通りへ、ゆっくりとゆっくりと進んでいた



俯いていたからこそ視界に入った

水溜まりに映った月(きみ)にふと目を奪われてしまった

暗闇は切り裂かれてえくぼを隠した笑みが覗いた

顔を上げて手を伸ばした、天高く馬肥ゆる秋



降り注いだ君の言葉

ひとつひとつが胸に刺さって

膿んだ心生んだこの世界に

一緒に中指立てたね







「帰れなくなったのは君の所為」

ここが新たな"家"になってしまった

その心はもうとっくに通いあっていると思われていた



上がるようになった首を持ち上げ

一目見た月(きみ)は他の何よりも好みだったんだ

勇気絞り懐中電灯を天高く掲げた

「ーーー・ー」「ー・ー・・」



舞い降りた君の言葉

ひとつひとつが胸に刺さって

膿んだ心生んだあの日の自分に

独り舌を打ったね




今も空模様は曇ったり晴れたり

今でも月(きみ)は姿を見せてくれて

ああ、このまま

いつまでも...

なんてね。