2017年3月30日木曜日

AI

「個性」も「障害」と名を変えりゃ見る目が反転してしまうのさ
「苦痛」も「闘争」と名を変えることが出来る人が羨ましい
「ピンチ」も「チャンス」と名を変えることが出来る人が羨ましい
「私」も「あの人」と名を変えることが出来るのなら
姿を変えることが出来るのなら…


不平等に作られたこの世界
捨てて得られる量もまちまちで
他人の成功談なんて
素直に受け入れられるほど各々の環境はパターン化されてない

そこに無理やり押し付けられた"平等"の2文字
何度か飛び出た僕の杭はそいつに叩き潰された

理不尽だと腹を立たせた
でも抗うほど馬鹿なことはないのも知っていた
そう言って突っ立ったままの自分がただただ惨めで
泣かざるを得ず泣いた少年期

「大人がやってるから正しいんだ」と
「"当たり前"は当たり前じゃないんだ」と
強引に解釈して嚥下した
そうでもしないと粉々になっちゃいそうで
ため息で抑えた

意志は、思考は、放棄された
個性なんてもうとっくの前に殺処分された
代わりに幾分かの銭と冷えきった弁当のような幸せを得た


人が作り統べてくこの世界
マジョリティーを基準に廻っていく
技術革新だって何だって
素直に受け入れられるほど人々は愚かでなくなってきたようだ

そこに突如として現れた"AI"の2文字
人が生み出したそいつは人までもがもて余して宿敵となった

"代えのきかない存在"が欲された
そう"個性的な存在"が求められた
競争に負け突っ立ったままの自分がただただ惨めで
泣かざるを得ず泣いた雇用氷河期

「社会が変わったからしょうがないんだ」と
「"真実"は不変じゃないんだ」と
強引に解釈して嚥下した
そうでもしないと粉々になっちゃいそうで
ため息で抑えた

私は、私は、放棄された
幸せなんてもうとっくの前に殺処分された
代わりに人類はより完璧で快適な暮らしを手にした


「個性がない」のが「個性」だとかつての少年は言い張るが
その「個性」はもはや「障害」と名を変えていた


「私」も「AI」と名を変えることが出来るのなら
姿を変えることが出来るのなら…

2017年3月20日月曜日

even if

背が低いとか胸が小さいとか
年頃なんだから誰だって
劣等感のひとつは抱くものさ

でもそんなこと気にしてたら始まらないでしょ?
年頃なんだから誰だって
恋のひとつはするものさ


「自分なんかはダメな奴だから…」
そう思い込んで恋を諦めてないかい?
いいじゃんか まだ分からないよ
ちゃんと自信持っていこう


ひとりひとり価値観は違うんだ
個人的見解ではダメな自分も
相手から見たら意外と…!? 好みかも…!?
でなくてもまだしょげないで
好きにさせてやろうぜ



頭が悪いとか認められないとか
年頃なんだから誰だって
悩みのひとつは抱くものさ

でもそんなこと気にしてたら始まらないでしょ?
年頃なんだから誰だって
夢のひとつは見るものさ


「自分なんかはダメな奴だから…」
そう思い込んで夢を諦めてないかい?
いいじゃんか まだ分からないよ
ちゃんと自信持っていこう


「諦めたら試合終了だ」
どっかのマンガじゃないけど
いざ突き進んでみたら意外と…!? いけるかも…!?
でなくてもまだしょげないで
好きにやってやろうぜ


「成功者に、君はなれ!」

if

もし僕がもっとイケメンに生まれていたら
気の利いた言葉のひとつくらい言えたのに
もし僕がもっとイケメンに生まれていたなら
君を惚れさせることもできたのに

僕がそんなことやろうものなら「キモい」って言うんでしょ もう分かってるよ
ああなんで醜いルックスの人間が生まれる遺伝子なんか残ってるんでしょうね

君へ届かないこの想い
いや、結末はもう見えてるから
君へ届けないこの想い
離れてしまうよりはいっそこのまま


もし僕がもっと才能に恵まれていたら
君の支えになることもできたのに
もし僕がもっと才能に恵まれてたら
君を魅せることもできたのに

僕がそんなことやろうものならミスして笑い者になるんでしょ もう分かってるよ
ああなんで神様はみんなを平等に作って下さらなかったんでしょうね

君へ届かないこの想い
いや、結末はもう見えてるから
君へ届けないこの想い
微妙な感じになっちゃうよりはいっそこのまま


もし僕が父さんと母さんの間に生まれなければ
もっと魅力的な人になってたかも
もし僕が父さんと母さんの間に生まれなければ
もっと多才な人間になってたかも

でももっと醜い人になってたかも
もっと無能な人間になってたかも
そもそも君と会ってすらいなかったかも
今の幸せは無かったかも

2017年3月19日日曜日

外見について

「両親が生み出してくれたこの身体は大事にしなきゃな」と思いつつもこんな醜い見た目を私は心底嫌うんだ

「人は見た目が8割」と何とも悲しい不変の事実
でも私が私である限りこの身纏うのも不変の事実

本当に大切なのは朽ちていく見た目じゃないでしょう?
外面だけ良くたってクソみたいな奴は腐るほどいる

だから中身を見てちょうだい
この身はただの鎧
しょうがなく纏ってるだけだから
ちょっとだけ目を瞑って
ほら、これが本当の私だよ
ほら、ちょっと印象変わったでしょう?


「両親が生み出してくれたこの身体は大事にしなきゃな」と思う故にこんな醜い見た目を私は必死で誤魔化すんだ

「人は見た目が8割」と何とも悲しい不変の事実
でも化粧や整形や身だしなみで変えられるのは嬉しい事実

結局大切なのは美しく見せようとするその意識でしょう?
外面さえちゃんとしてればきっと中身もちゃんとしてるだろう

私の全部を見てちょうだい
この身は偽りじゃない
私のありのままを全部詰め込んだから
しっかりと目を開いて
ほら、これが本当の私だよ
ほら、ちょっと印象変わったでしょう?

2017年3月16日木曜日

さらわれた恋

気持ちを伝えようか悩んでいる間にも君はさらわれていってしまった
「僕が先に言ってたら」なんて、無意味なのは分かってるけど、それでも想ってしまうんだ
この恋はどこにぶつければいいの?

あの丸みを帯びた声も
あの綺麗な薄紅色の唇も
今じゃあいつのものなんだよな
分かってはいてもあの笑顔には殺されない方が無理だ
ついつい口を出かける誘いの言葉
ダメだ、他人なんだよもう。

他の人を好きになってみようかなと
見渡しても視線は君へたどり着く
そうだ、奪ってしまおう。ああまたダメな自分が

もう縁りは戻らないだなんて分かってるよ
でもそんなの関係なしに「好き」という事実があるんだ
考えてることとは対照的に
僕の胸では鼓動が高鳴るんだ


気持ちを伝えようか悩んでいる間にも君はさらわれていってしまった
「それも含めて実力か…」なんて、無意味なのは分かってるけど、それでも嘆いてしまうんだ
この恋は自然と消えていくものなの?

あのカールがかかった前髪も
あの円らで真っ黒な瞳も
今じゃあいつのものなんだよな
分かってはいてもあの笑顔には殺されない方が無理だ
ついつい口を出かける誘いの言葉
ダメだ、他人なんだよもう。

大好きな君を嫌いになってみようかと
見つめるとふたりはいつも笑顔で
「そうだ、これでいいんだ。」
ああまた強引に呑み込んで

もう縁りは戻らないんだと分かったんだ
でもそんなの関係なしに「好き」という事実があるんだ
考えてることとは対照的に
僕の胸では鼓動が高鳴るんだ


1日でいいから付き合ってくれないかな?
それで満足させてあげられなかったら、
そうしたら諦めきれると思うから

2017年3月14日火曜日

然れど

「手を上げて渡れ」と教わった小さかった頃
いつから破るようになっていたんだろう?
ちょっとやそっとの擦り傷で泣いていた小さかった頃
いつから我慢できるようになっていたんだろう?

こうして僕らは大人になっていく
目下は不穏な空
然れど 然れど

これまで越えてきた数多の壁を
ちゃんと思い出して今日の原動力にするんだ
これまで掛けてきた数多の迷惑を
あなたに詫びようと今日も闘うんだ


夜の街は歩くなと教わった小さかった頃
いつから破るようになっていたんだろう?
刺々しい言葉遣いを矯正された小さかった頃
いつから元通りになっていたんだろう?

こうして僕らは大人になっていた
知識の量は人一倍
然れど 然れど

か弱い奴めがけて飛ばされるは言葉の矢
気持ちなど知らぬ 「邪魔者は潰す」がポリシーさ
"なりたくない大人"に自分もなっていく
それが途方もなく哀しいんだよ


憂いてもしょうがないよ
こうなっちゃったのはしょうがないよ
前だけ見ていこうよ
いずれすぐに老いるよ


溜めに溜め込んだわ やりきれぬ後悔を
遺したまま去るわ やっと愛せたこの世を

きっと愛せるよあの世も

ツバメの唄

iPhoneがAM6:00を告げる
まだ寝ている眼を冷たい水で起こす
カーテンを開けると爽やかな陽が差し込んで
「ちゃちゃっと作っちゃおうか」
色鮮やかなパプリカと一緒に
今朝僕はムネを炒めた


ご飯も炊けて 皿に盛り付けて"いただきます"
数分後には"ごちそうさま"
大急ぎで支度を済ませ家を出た
隣の家の軒下に出来てたツバメの巣が
春の訪れを知らせた


穏やかな心地に焦りも収まって
よし、まだ5分はあるな


何て魅力的だろうか 生命
特に興味もない野鳥に見入る自分
あの愛らしさ 僕も欲しいな
なんて馬鹿なこと言ってみたりして



あ、親鳥が帰ってきたようだ
ツバメたちも朝食の時間かな
すると突然1羽の雛を突き落とした
親鳥は我が子を死なせた

呆然と見ていることしか出来なくて
時計を見たら既に8分が過ぎていて
駅に向かって走り出していた
今朝 僕は胸を痛めた


何て悲劇的だろうか 生命
自分で自分の努力を無にしなきゃならないなんて
生き残りには犠牲が必要だなんて
なんて自分のことは棚にあげて

三寒四温

寒くなるとの予報は外れ
吹き付けるのは生温い風
暖房の効きすぎた車内は暑苦しくて
脱ごうにも脱げないコートの襟で扇ぐ
ドアが開いたとき吹き込んできた生温かったはずの風は
救いの手のようで涼しかったんだ

「降りたらコートを脱ごう」
そう思って押し出されたが
案外寒くて
結局着たままなんだ

バロメーターはちゃんとある
でも人前では一向に無視ですか。
そんなんだから目の中は塩水で満たされているのです
たまに春雨を降らせるのです


雨が降ったせいで咲いたばかりの
桜の花びらは落ちた
美しく散れなかった無念たちが
人々に踏みつけられていく
花粉を舞わせるはずの強風も雨雲を吹き飛ばすのなら
まあいいかと思えたんだ

「外出時はマスクをつけよう」
そう思って靴を履いたが
案外苦しくて
結局外してったんだ

バロメーターはちゃんとある
でも人前では一向に無視ですか。
そんなんだから目の中は塩水で満たされているのです
たまに春雨を降らせるのです

アゲアシトリ

どうでも良いことが気になっちゃう 気持ちは分かるよ
でもそこまでやらなくても…
本質が見えなくなって翼を失ったその生物の名は"アゲアシトリ"

その危険生物は神出鬼没
怖くて 怖くて

ああ君の本音はポッケへin
そんな君の姿は滑稽
ボケーっボケーっボケーっとしてないで お前さんよ、おい大丈夫かい?
ああ浮かぶのは由々しき情景
でもそんな憂慮はしなくてOK
跳べ飛べ翔べよ アゲアシトリなんか放っといて


どうでもいいことが気になっちゃう 気持ちは分かるよ
でもそんな怯えなくても…
本質を見えなくさせる翼のないその生物の名は"アゲアシトリ"

その危険生物は神出鬼没
怖くて 怖くて

ああ君にはないの?冒険心
そんな君に授けるよ刀剣
ボケーっボケーっボケーっとしてないで お前さんよ、おい大丈夫かい?
ああ掴むのは遥かな憧憬
でもそんな空虚は見なくてOK
跳べ飛べ翔べよ アゲアシトリなんか放っといて

2017年3月7日火曜日

寝顔

その何とも情けない顔で君は何処へ行く?
揺れる車内 窓にもたれかかって
太陽が「おはよう」と必死に呼び掛けている
なのに返事を告げることもなく「お休み」

"昨日何時に寝た?"
この質問に夢の中から"昨日じゃなくて今日ね"って訂正された

僕にはどうも安らかには見えないんだ
その大きく開いた口は「逃げたい」と叫んでいるかのよう
光が生んだ闇のなか起きている君は
この照らされた地球を睨み暗闇へ還る


その何とも情けない顔で君は何処へ行く?
揺れる車内 つり革片手にうとうとと
太陽が「おはよう」と必死に呼び掛けている
なのに「返事は夢で」と告げて「お休み」

"1日何時間睡眠が目安か知ってる?"
そんなこと言ってられねえんだってちょっと叱られた

その生活サイクルは辛いだけじゃない?
君の首の挙動は僕の問いに頷いているかのよう
便利が生んだ苦痛のなか生きている君は
この混み合った電車を睨み次は終点

醜い表情を浮かべた今日が始まる

2017年3月5日日曜日

ロゼット

冬の便りはこの街にも届いた
色を変えた葉もあとは落ちるのみとなった
北風が僕らの身体を芯から冷やした
これ以上はやれる気がしなくなった

花を咲かせたはずの努力が
人々に踏みつけられていく
もはや誰に見向きもされず
正直辛い
でもここで、こんなところで亡くす訳にはいかないんだ

葉を目一杯広げて
たくさん光を吸い込んで
今はただの忘れられし草
でも春には綺麗な花を咲かすんでしょ
可愛らしい綿毛を纏うんでしょ
だから堪えて


余寒見舞いはこの街にも届いた
積もった雪も残すは融けるのみとなった
北風も少しずつ生温くなってきた
これ以上やれるだろうか

花を咲かせようとする努力が
人々に踏みつけられていく
無論誰に見向きもされず
正直辛い
でもここで、こんなところで亡くす訳にはいかないんだ

葉を目一杯広げて
たくさん光を吸い込んで
今はただの忘れられし草
でももうすぐ綺麗な花を咲かすんでしょ
待ち望んでくれてる人がほら居るでしょ
だから堪えて

2017年3月4日土曜日

badbye

雨混じりの雪が地面に落ちて解けるように
あなたはすっとここから姿を消した
あまりに突然だったもんだから
未だ信じられていないよ

雨混じりの雪が地面に落ちて解け込むように
私とあなたは自然とひとつになった
あまりに突然だったもんだから
みんな驚いていたっけな

早く手に入れた優越感を
自己中心的な欲求を
抑えきれなくなっていた
「そうじゃないでしょ」
分かっちゃいたはずだけど

永遠を誓ったこの愛を
「幸せにする」と誓ったその言葉を
どうすればいい? どこにやればいい?
膨らむ悲哀と憎悪と絶望と

ふたりで紡いでた思い出までも
ふたりで描いたあの未来までも
振り回したくはないよ
もう君に迷惑かけたくはないよ


積もった雪に雨が降って固まるように
私とあなたは強く結びついた
あまりに突然だったもんだから
みんな驚いていたっけな

固まった氷が踏まれて砕けるように
私とあなたは壊れてしまった
あまりに悲惨だったもんだから
みんな黙りこくっていたっけな

喪ったことの悲しみを
消し去ったものへの憎しみを
抑えきれなくなっていた
「そうじゃないでしょ」
分かっちゃいたはずだけど

永遠を誓ったこの愛を
「幸せにする」と誓ったその言葉を
どうすればいい? どこにやればいい?
膨らむ悲哀と憎悪と絶望と

ふたりで紡いでた思い出までも
ふたりで描いたあの未来までも
殺したくはないよ
過去の話にしたくはないよ


こんな事がなくても多分ふたりは別れていた
今考えればそう思うんだ
こんなダメな自分と別れる気のない優し過ぎるあなたを見た神様が
半ば強引に引き裂いたのかな
そういって何度か正当化しようとした
でも離れるのと灰になるのは全くもって話が違う
頭の中で"彼女"はいつまでも血を流し続けてるんだよ…
でも涙を流し続けることしかできないんだよ…

アァ

2017年3月3日金曜日

花粉症

こっちだって人体に入りたい訳じゃない
そっちが植えたのが悪いのに睨むなよ
僕は自力じゃ何もできないんだ
風にゆらりゆられて あれ、辿り着いた?

何億という花粉の中の一粒の僕が天文学的確率で君に巡り合えた奇跡
僕は嬉しくて花粉室をどんどん膨らますよ
もうすぐ造卵器に着きそうだ


この風に乗せて思い届けるよ
誰かがそう言って僕を飛ばした
感じた温もりは、感じた振動は、
ちゃんと届いたことを知らせたんだ


何億という花粉の中の一粒の僕が天文学的確率で君に巡り合えた奇跡
僕は嬉しくて花粉室をどんどん膨らますよ
もうすぐ種子ができそうだ